家賃収入を得ることが可能|不動産投資信託で運命を180度変えよう!

不動産投資信託で運命を180度変えよう!

家賃収入を得ることが可能

模型

差別化を図るようにする

投資用マンションを活用して安定収入を得る方法としては、家賃収入を得ることが挙げられます。投資を行うにあたって賃貸利用をする場合には、借主にとって魅力的に感じる必要があります。住居などの需要においては、競争力のある物件にするために家賃を安くすることが工夫できるポイントとして考えられます。家賃を安く設定することによって、空室になって賃料が得られない状態を防ぐことにつながりますし、長期間にわたって賃貸してもらえることが多くなります。このような物件ごとにおける他社との差別化を図ることがを計画していくことが重要となります。賃料の他に工夫できるポイントとしては、契約上における補償金や敷金などをなくすことや、更新料を無料にするなどの対策もあります。

売却がしやすい

投資用マンションとして購入するときの選択肢としては、ワンルームマンションがあります。不動産としては一戸建て住宅やファミリー向けのマンションと比較すると、ワンルームマンションのほうが面積が小さいために、物件の価格として安くなる点が特徴です。その分において賃料の収入を考えたときには、投資用マンションの中で利回りが高くなる物件として知られています。投資用マンションを購入しようと検討している場合には、表面利回りが高くなる特徴を持っているワンルームタイプのマンションから始めることがおすすめです。ワンルームマンションのほうがファミリー向けの物件よりも流動性が高いことも特徴です。賃料による収入以外にも物件を売却することで利益を得ることができますが、ワンルームマンションタイプであれば売却しやすいメリットがあります。